ブログ一覧

アマツバメ

image78

鳴門山のタカの渡りも、後はハチクマを待つばかり。青空をアマツバメが駆け抜けていきました。

 

 

 

 

2022年05月02日

トビ

image75

海部川の河口には広い砂利場がひろがる。

エサが多いのか、トビが重なるように集まっていました。

 

 

 

 

2022年04月03日

ノスリ

image68

出島野鳥園は、ワシタカの仲間を簡単に見られるホットスポット。

東観察舎の対岸にノスリが羽根を休めていました。

 

 

 

 

2022年02月24日

ジョウビタキ

image66

寒さに耐え、愛嬌を振りまいてくれる、けなげな鳥だ。

道おしえのように、歩く先へ先へと案内してくれる。

しっかり餌を食べておくのだよ。

北国に渡るときが確実に近づいているのだから。

 

2022年01月28日

オジロビタキ

image64

毎年、約束したように、こそっと、訪れる。

枝から舞い降りるように飛んでは別の枝に。

止まった姿を見ると、尾羽根をツンと立ち上げる。

おすましな小鳥だ。

2021年12月29日

カワセミ

image62

海陽町の海老ヶ池探鳥会。水門から海へカワセミが!

これって、カワセミ?ウミセミ?

おまけになりますが、このあと、海老が池に戻るとカワアイサのオスが1羽。ウミアイサではなくカワアイサ。いやあ、いけあいさ?

2021年11月30日

ハイタカ

image60

ハイタカの渡りがピークを迎えています。大陸で繁殖を終えたハイタカが朝鮮半島を経由して日本に越冬しに来るそうです。南に渡るヒヨドリやアトリと交差するように東に渡っていきました。

2021年10月31日

ヤマガラ

image58

渡り鳥の季節です。天気の良い日には、猛禽類のサシバやハチクマが次々と渡って行っています。遠くフィリピンやインドネシアまで渡っていく鳥達にロマンを感じずにはおられません。

渡り鳥ではない留鳥は秋の恵を取りこぼすことなく手に入れようと必死です。

ヤマガラ、小さなドングリをくわえて、飲み込もうとしているところでした。その上空をタカたちは渡っていきます。

2021年10月03日

ヒガラ

image56

剣山。夏の繁殖も盛りを過ぎ、若鳥が自力でエサ探し。顔の模様がはっきりしないけれど、翼の白帯が2本あるので、ヒガラの若鳥でしょう。もうすぐ、低い山に降りてくるかな。

2021年09月02日

ゴイサギ

image53

ゴイサギの親子がハス田で羽を休めていました。左が成鳥で右が若鳥です。若鳥には背中に白い斑があるのでホシ(星)ゴイと呼ぶことがあります。ゴイサギは主に夜行性で、夜中にグェと鳴きながら飛んでいることがあります。

2021年07月30日

キビタキ

image51

キビタキ; とっても綺麗な小鳥ですよね!!姿も、そしてさえずりも美しい小鳥です。黒いタキシードを着たその下に、真っ黄色のシャツを着込んだ粋な出で立ち。ピッコロを吹くように美しく奏でる囀りに誘われてその姿を追うものの、林の中では姿を探し当てることが難しいのが不思議です。

2021年06月30日

モズ

image49

標高1000mの山の上。初夏を迎えて新しい縄張り造り。秋になったら、里に降りてきてね。

2021年06月03日

アトリ

image47

夏の野鳥キビタキやオオルリ、そして山ではツツドリが鳴き始めました。でも、大麻比古神社には、冬の野鳥、アトリが未だエサ取りをしていました。すっかり、夏の繁殖羽根の美しさです。

2021年04月24日

コチドリ

image45

吉野川河口の堤防下にはハマシギがエサ獲りに走り回っています。それに混じってコチドリを見つけました。このコチドリ、こっちを見て怒っているようにみえませんか?

2021年03月31日

花とジョウビタキ

image43

オスに比べて地味なジョウビタキのメス。女の子には花が似合いますね。

2021年02月26日

ヨシ原の勇者

image41

吉野川河口干潟のヨシ原は若いチュウヒの越冬地。運が良ければ、草の中から飛び立って、ゆうゆうとエサを求めて飛び回ります。

2021年01月23日

山の冬鳥

image38

冷え込んだ山道にひっそりとエサをついばむハギマシコ。

2020年12月26日

鳴門山のタカ渡り

image32

秋の渡りが盛んに行われています。鳴門山では、サシバやハチクマの渡りの最盛期が過ぎ、ノスリが多くなっています。これから、ハイタカも渡ってきますので、楽しみですね。

2020年10月03日

長原海岸

image31

まだ暑いですね。台風襲来。十分にご注意下さい。

2020年09月03日

吉野川河口干潟

image28

梅雨がようやく明けました。

あちらこちらで若鳥が見受けられます。吉野川河口干潟では、ハシボソガラスの子供たちが親に連れられて潮干狩りをしていました。貝を採っては、親に身をくれとおねだりしていました。

潮がよく引いていたので、堤防下の磯にはカニが沢山いました。キアシシギが上手にカニを食べていました。食べても食べても食べきれないほどのカニが棲んでいます。河口干潟の偉大さを感じます。

2020年07月31日

出島探鳥会

image25

梅雨真っ最中の探鳥会。朝方までのしとしと雨が止み、晴れ間も。今日の探鳥会のテーマ鳥のオオムシクイには会えませんでしたが、キジの家族が日光浴しているところを眺めることができました。帰りの道中にモズのテリトリーがあるのか、目敏くエサを見つけたオスが草陰に飛び込んでいきました。

2020年06月14日

初夏の野鳥

image24

野鳥の聖地、吉野川河口では、すっかりカモがいなくなりました。カルガモ以外は北国で子育てに大忙しなのでしょう。堤防では、ヒバリが子育てのよう。そっと、離れました。

2020年05月31日

サシバ

image22

鳴門海峡を渡るヒヨドリの群れの上空をタカが渡っていきます。タカの種類の判別はなかなか難しいですが、このサシバは展望台を一周くるりと回り、「ピックイー」と鳴いてから淡路へと渡っていきました。なんと親切な。!(^^)!
2020年05月09日

コウノトリ

image21

鳴門市大麻町で巣をしているコウノトリ。今年も3羽のヒナに無事脚環を付けることができました。ちょっと可愛そうに思えますが、近親交配を避ける意味もあり、個体識別をできることが求められています。でも、大がかりな大変な作業。電柱の無断使用を黙って我慢してくれている四国電力さんにも感謝、しかも高所作業車含めて3台とスペシャリスト大勢を派遣してくれています。徳島市立とくしま動物園も全面的に協力してくださいました。ヒナの捕獲から標本採取まで手際よく。当会のKさん、徳島県や地元鳴門市、そして徳島大学、、、、、がすべてワン・チームでできたこと。元気に巣立ってくれることを祈っています。

2020年05月08日

ブログ始めます

image20

PCのOSが変わり、ホームページ製作ソフトのバージョンを上げて再掲示します。。

2020年05月07日