秋の渡り観察会三好市丸山公園

秋の渡り観察会

 

 9月23日に実施しました。

日本で繁殖したタカの仲間は、冬を越すために大挙して南の国に渡っていきます。鳴門海峡はタカにとっても重要な渡りルートになっています。お彼岸の頃から10月初めにかけて、サシバの渡りが盛んになります。うまくピークに当たれば1日百羽以上のサシバが渡っていきます。ヒタキ類のような小鳥の渡りも見られるかもしれません。観察会としては9時~12時としていますが、天気さえ良ければ、早朝から夕方まで観察をしていますので、いつ来て頂いても結構です。日焼け対策を怠りなく。

日時: 9月23日 9時~12時

場所: 三好市池田町 丸山公園

アクセス: JR阿波池田駅から歩いて約15分。

持参物: 筆記用具、図鑑、あれば双眼鏡、サングラス、飲み物、雨具や上着など。

参加費: 無料

観察のあらましと注意点: 丸山公園頂上付近から空を見上げるように渡りを観察します。基本的に集合場所から移動をすることはありません。行事時間帯の前後も観察が可能ですので、遅れてこられても心配ありません。トイレは駐車場内に完備しています。天気が良いと紫外線が強くなりますので、帽子、上着、日焼け止め、サングラスの利用を考えてください。天候が悪い場合は肌寒い場合も想定されます。適当な上着で着衣を調整することをお勧めします。小雨決行で行います。雨具持参の要否も考慮下さい。。