メール
※便利ツール
メッセージ内に<<フィールド名>>を記入するとデータベースの中から引用してメールの内容にあてはめることができます。
しかし、引用したくないのに<<フィールド名>>をメッセージ内に使用すると該当する<<フィールド名>>がないのでメールの内容をおかしくするかもしれません。
「<<注意>>」のような書式を使いたい場合には「<<注意>>」のように全角で入力するか、または「<注意>」のようにカッコを1つにしてお使いください。

 ■例 フィールド「Name」の使用例
  メッセージ内の記述 <<Name>>さんお元気ですか?
  実際届くメール内容 千葉太郎さんお元気ですか?

 ■使用可能なフィールド名
 <<Name>>  :ショッピングカートで買物した人の名前
 <<E-mail>> :ショッピングカートで買物した人のメールアドレス
 <<Address>>:ショッピングカートで買物した人の住所
 <<TEL>>   :ショッピングカートで買物した人のTEL

メールの送り先[TO]: ショッピングカートの顧客リスト
メールの送り主[From]: netservice@tk2.nmt.ne.jp
メールの件名:
メッセージの種類: テキスト HTML書類
メッセージ
メッセージの種類が「テキスト」ならば「文章」を「HTML書類」ならば「ソース」を入力(ペースト・張付)してください。
「HTML書類」の場合でメール内に画像を表示する場合は画像ファイルをご自分のサイトにアップロードして画像のURLはすべてhttp://からご記入ください。
記入が無い場合には一番最後に送信された一斉同報メールの内容が使用されます。

送信範囲: レコードNo.〜No. [全レコード数100件]
状況報告:
※状況報告とは?
状況報告とは一斉同報が現在どこまで処理されているかを報告することです。
どこまで処理されたかを把握するためには状況報告が1回だとわからなくなってしまいます。
かといって1通メールを送るごとに毎回報告をさせますと一斉同報はサーバーに負荷がかかるため途中で止まってしまうこともあります。
初期値で入っている数字は推奨にすぎません。自由に変更して結構です。

 


[会員専用のインデックス]