概要及び沿革

(一)目的及び内容

 1、お遍路さんの旅の安全と休憩
 2、道中の情報の提供

 3、お茶・コーヒー・お菓子等常備
 4、会員間の交流
 5、遍路道の整備及び美化

(二)発足までの経過

 1、平成12年8月、当時の牟岐警察署の署長三橋繁幸氏を中心に、署内駐車場にテント張りの無人
  接待所を設置、署内にお茶、コーヒーを常備し、反射ダスキを提供して活動を始める。
  
(所が警察署員だけでは、常時お接待が出来なく、又お遍路さんが歩くのが警察の反対の歩道を
   行くため、呼び止めるのですが何といっても制服を着ている警察官、皆さんビックリして余り寄ってくれない
  
そこで、今のボランティアの会長である出口さんに相談。)

 2、平成12年11月、牟岐町ボランティア連絡協議会が、警察署よりお接待を依頼される。

 3、平成13年3月2日、設立総会を開催し、次の事項を決める。

   @ 年間活動期間 
       前期  3月1日 〜   5月31日
       後期  9月1日 〜  11月30日
      

   A 週間活動日数 
       火曜日・木曜日・土曜日の3日  (後期より 火・水・木・土・日曜日の5日)

   B 一日の活動時間 (7時間・2部交代制)

   C 会員は 47名 (男 5名・女 42名)  後期は70名に増加。
     1組2〜3名とし、当番表を作る。 

 4、平成13年3月13日 活動開始。

(三)活動状況

   1、平成13年度  (前期 週 3日  後期 週 5日)
  
   @ 活動日数         104日
      A
 記帳した人数      635名

   2、 平成14年度  (週 5日)
      @ 活動日数          136日
      A 記帳した人数     1,166名
   
   3、 平成15年度  (週 5日)
      @ 活動日数         134日
      A 記帳した人数     1,417名

   4、 平成16年度  (週 5日)
      @ 活動日数         134日
      A 記帳した人数     1,417名  
   
   5、 平成17年度  ( 週 )